愛犬、モコ。

愛犬、モコ。

9088a3b4.jpg
2月6日の朝
モコが、天国に行った。
入院していた病院で、優しい先生達に看取られながら、静かに。
8歳。
8年間ずっと、一緒に暮らしてきて、立派な家族の一員だった。
短かったけれど、思い出がびっしり詰まった8年間。
モコは、幸せだったろうか。
長生きしてほしいばかりに、毎日おいしくない薬飲ませて痛い注射をして点滴もして。
治療をやめて、退院させて、あとは家でゆっくりさせてやろうとも思ったけれど
家族の顔を見たとたん、元気に起きあがってしっぽ振ってくれるモコを見たら、どうしても諦められなかった
最後の望みに賭けた、入院。
モコは、がんばったんだ
いっぱいいっぱい、がんばってくれた
棺の中で、今にも寝息が聞こえてきそうなくらい、安らかな顔をしたモコを見たら
悲しさよりも先に
やっと苦しみから解放させてあげられたんだという安心感で
涙が止まらなかった
散歩もろくに連れてかない
しつけもできない
最期も看取ってあげられない
ダメな飼い主だったけれど
こんな家に来てくれて、ありがとう、モコ
家族みんなは、モコのおかげで毎日幸せだったよ
天国では、おいしいものお腹いっぱい食べて
色んなともだちと走り回って
ゆっくり休んで
家族みんなのこと、見守っててね
8年間、ありがとう
忘れないよ
2010 2 6