ORESAMAが気になる。

ORESAMAが気になる。

今年一番売れてほしいというか、ものすごく気になるグループ「ORESAMA」(オレサマ)

ボーカル・ぽん、ギター・小島英也氏からなるユニットらしい。ふむふむ。

去年リリースしたという「流星ダンスフロア」iTuneで地味~~にずっとチャートインしていて気になっていて

さらに家族からも強くすすめられ、軽い気持ちでYoutubeを見た結果。一気にどハマり。

ひぃい可愛い。かわいいの大洪水。

 

 

ディスコ感満載で跳ねたくなる80年代風トラック、散りばめられた細かい音たちが聞いていて本当に楽しいし

ボーカル・ぽんちゃんの変幻自在の声。

甘い声が急にビブラート効かせまくったディーバ風に変わったり、ウィスパーボイスになったり、曲によって歌い方を丁寧に変えてくるから、本当に聴いてて全然飽きなかった。

 

 

それから!それから!!

ORESAMAのアートワークを担当する、うとまるさんのイラストの可愛さよ!!!!

80~90年代テイスト、たまらないよ。これがなかったら、好きになるのにもう少し時間がかかったかもしれない。

それくらい、ORESAMAの作品との相性ががっちりハマってる。曲の雰囲気・印象を直感的に伝えてくれる。

 

特にORESAMAの公式ホームページ見てほしいよ…

パソコンで見て…スクロールしてくれよう!!楽しい…!正直早く情報が知りたい時はイライラすることもあるけどw

この作り込みよ…

 

歌詞・曲作り・アートワーク、すべてにおいて職人魂を感じるなぁ。

自分がものを作る仕事をしているからか、丁寧でコンセプトをしっかり持ってやっている姿勢にとても惹かれる。

 

こんな風に、ユニットのコンセプト・楽曲と制作陣の作品の相性がガチガチに噛み合ったグループを見ると、

どうしてもPerfume姉さんを思い出して比べてしまう。

 

Perfumeの時はtriple-O、中田ヤスタカ、MIKIKOとの化学反応が起きまくりで、「近未来テクノポップ」っていうコンセプトのもとでたくさんの素敵な作品が生み出されたわけだけど。

それと同じような勢いをORESAMAには感じずにはいられない…。

実際、PerfumeとORESAMAどっちも好きっていう方が増えてきている印象。そして私も。

 

 

このようにあっという間にどハマりしたわたくしは、ORESAMAのブレイク前夜となるであろう4月のワンマンに行ってきますよ。

 

心の底から楽しみなのです。

あぁ、もう、売れてくれぇーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!

売れに売れて、そして数年後

「ORESAMA?あぁ、まだリキッドでライブやってた頃の方が良かったわぁ(遠い目)」

って古参ぶらせてくれーーーーーーーーーーー!

 

 

良き。