JPN Tour@神戸1日目 レポ その1。

JPNツアー初日公演@神戸が終わって、ちょうど一週間。

胸がいっぱいすぎて、あの日の感想をうまく言葉にできないんですが・・・
やっぱりパフュのライブは文章ぐっちゃぐちゃでもレポという形で残しておきたいので
ゆーっくり書いていこうと思います。

なのでまだ知らないほうがいいのかーもねええええええって方、
ここでストーーーーップ!!!!
改行祭りするので、ここから先、見ないでください。(´;ω;`)



↓ 以下ネタバレ注意


いいですか?

そろそろいいよね?

では始めます。
キリンチューハイ 氷結 Presents Perfume 3rd Tour 「JPN」@神戸ワールド記念ホール(長いw)
スタートーーーーー!!!!


0.開場

「そっからかーーーい」ってツッコミ聞こえます。w「いやいやここからが、パフュのライブの始まりなんす。
開演前アナウンスから始まる手拍子!
みんなの気持ちが前へ前へ出て、自然と始まるあの現象。
パフュ以外のライブでは見たことないんですよね。
あの光景を見ると、あぁ、コレだ・・・!って、すでに涙腺崩壊

で、アナウンス終わってしばらくした後、ふわっと照明が一瞬暗くなったんですよ。
みんなもちろん「うおおおおおおおおお」ってなったんですが
ただモニターに氷結のCM流れただけっていうwまさにズコーーーーーー
このズコーーーーーは今回のライブで何回か出てくるので要注意。w
もうみんなテンションおかしくなっちゃって、CMのレザビに合わせて手拍子&ジャンプ!
一足早く、会場はあったまったのでした。w

そしていよいよです。

2年ぶりのワンマンツアーの幕開け。ドキドキとワクワクがピークを迎える瞬間。

Perfume 3rd Tour 「JPN」、はじまりはじまり~~~~!!

1.The Opening

静かなBGMと三人の声、「J P N」というナレーション。
それに合わせてステージ上に吊るされていた舞台装置・電飾が
少しずつ形を変えて動くんですが、この演出がまた神秘的で思わず見とれてしまう。
前のツアーのように爆発的に上がる感じではないんですが
ゾクゾクするような、ほんとに不思議で吸い込まれるようなオープニングでした。

そして、「The Opening」のイントロと共に中央にある三角形のセットの前に浮かび上がるPerfumeの姿!

3人が眩しくて、 神々しくて
もう涙で前が見えなかった。自分でもびっくりするくらい泣いた(泣)
だってやっと会えたんだもん!
東京ドームから止まってた時間が、ようやく動き出した、そんな感じです。

三人が階段から降りてきてステージに立つと、場内は再び暗転。

何が起こるんだろう。どの曲がくるんだろう。ザワザワ

拍手に包まれた会場に響き渡ったのは・・・

2.レーザービーム(Album-mix)

キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!
いやもうね、すっっごい!何がって、レーザーが!!
ラブビーム♪なんて可愛いもんじゃないですよ!
スタンドの最前列という遮るものが何もない神席だったので、余計に迫力がものっそい。
アリーナから見ても綺麗だろうけど、スタンドから見下ろす景色はほんとに一度は体験する価地ありまくりです。

しかも虹色のラブビーム♪のところは本当に虹色のビームが飛んできて、嬉し泣き。w

あと、音飛び不良(←)みたいな所のダンス。
ただでさえレザビのダンスって激しいのに、さらにキレッキレに踊る三人に度肝抜かれました。
(見所いっぱいすぎて見とれて地蔵になりかけてしまったのが悔やまれるorz)

破壊力120%の一発目、お見事~~!

3.VOICE

おおおおそうきたかーーーーー!と思わずデコをペチっと叩いてしまったw
これは意外。
アルバム聞き込みすぎて、レザビの次にGLITTER以外の曲がくるとビックリする。

しかもVOICEって個人的には序盤に持ってくる曲じゃない気がしていたので、完全に肩透かし!

いやいや、こういう素敵な裏切りは嬉しい限りです。
エーーヴィスィーーンをーーあわせてこ!

4.エレクトロ・ワールド(アルバムver)

これだけ曲増えたらさすがにセトリから外れてしまうだろうと思ってたので心から歓喜
しかも珍しいアルバムバージョンキタコレ!!!曲が始まるまでのゾクゾク感が最高です。
oioiコールで神戸が揺れた!

5.ワンルーム・ディスコ

あ~ちゃんが煽る煽るw
でもワンコはイントロ以外ちょとノリづらいのでwゆらゆら振りコピしてました。デスコデスコー

ここらへんからようやく少しだけ冷静になって、三人の衣装とかちゃんと見れたと思います。
キラッキラのスパンコールが綺麗な白かシルバーっぽい感じだったかな。 (やっぱり覚えてない)


ちなみに、今回のステージ構成はこんな感じでした。

我ながらヒドすぎるw自分クオリティ!今回、花道がかなり短かった気がします。
きっと意図があるんでしょうけれど。
広さが尋常じゃないたまアリ辺りでは、きっと変えてくるんじゃないかと思っています。
ちなみに出島でパフォーマンスすることがほとんどだったので、
事実上の最前列はアリーナの15~20列付近になりそうです。
なのでその辺の方々はお逝きになられることを覚悟してくださいw


~MC~

一回目のMC。
MCのレポは苦手なので覚えてる範囲で箇条書きにて失礼。
あと2回目のMCと前後する可能性なので、全部ここにまとめて書いてしまいますね~
(多少補足と妄想入りますw)

●自己紹介
● あ~ちゃん既に号泣。w
あ「初日を無事に迎えられてほんっとうに良かった・・・早く会いたかったよ~~」

●しゃべる気のないかしゆか。Σ (゚Д゚;)
か「今日は新曲をたっくさん練習してきたから、早くみんなに見て欲しい!
MCとかもういいから(w)、いったん全部見てもらって、そんで終わってからみんなとあーだこーだしゃべりたい!」

●のっちのgdgd一人しゃべり
「こ~うべ♥」と謎のアイドル(ぶりっ子)タイム始まる。w
「今日は、お客さんととイチャイチャするために来ました。こ~うべっ♥」
戻ってきたかしゆかにもイチャイチャを強制的にやらせる。w
か「(カメラ目線で手でハートマーク作って)こ~うべっ♥会いたかったぞ♥」
客の声でかしゆかの声がかき消されてしまったので、2回くらいやらせてましたw
くっそかわえぇ・・・

●客イジリ
『有香溺愛 』と書かれた手作りTシャツ着た女子発見!!!
溺愛さん「大好き!結婚してくださいいいいい!」まさかのプロポーズ
か「まぁこの国では認められとらんからね、もうちょっと待とうか」www
溺愛さんの発狂っぷりと冷静なかしゆかのやりとりにお腹かかえて笑いましたw

・リハで会場貸し切った話題から、堀越の卒業式が軍隊みたいにシビアだった話に。
「卒業式の練習で会場貸し切った時とか、ナン千万もしたらしくてさ、もう緊張してね」
「三つ編みいつも以上にキュッとしたよねw」
「着席もさ、バッバッバ!って決めなきゃいけんもんね」
「なのでライブのリハで会場貸し切るなんて、もう本当に感謝です・・・」

・かしゆかと神戸牛
か「今日はどうしても聞きたい事があるの。・・・・・神戸牛飼ってる人!!!!」
客「はーい(一人だけ)」
ちょwガチでいたwどうやら神戸牛がかなりおいしかったみたいで、この質問をどうしてもしたかったそうで。
この後神戸牛についての会話がずーっと続きましたw なんのライブなーん\(^o^)/

MCはいつものツアーと比べてかなり短めで終了。
これからいろんな会場まわるたびに長くなるんでしょうねw

さてさて、MCレポはこの辺にして次の曲へすすみます。

6.Have a Stroll

初披露ハバストキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!
この曲は振り付けに釘付けになって地蔵モードになること必須。
ナチュ恋みたいなラインダンス、お尻ふりふり、ミュージカルみたいなコミカルな振り付け・・・
プリン探す振り付けなんかめちゃくちゃ可愛かったんですよ~~
サビは頭の上で腕をぐるーっとまわす簡単な振り付けだったので、みんなすぐ覚えてフリコピしてました。
あと見落としがちなんですが後ろの三角ビジョンに流れてる映像もポップでおしゃれで
凝ってたので、途中チラ見するのもいいかもです。
ゼログラ並にヲタ致死率が高い曲でした。w

7.時の針

下の図の色付けしてある出島の丸ステージで、3人分かれてのパフォーマンスでした。
380c6d7b
薄暗い照明に照らされて、無表情にマリオネットのごとく踊る3人。
キレが半端じゃなかった。
さっきまで可愛いダンス踊ってた子らがこんなロボットダンスできんの?!って。
てっきり振り付けなしで可愛く歌う3人を見て萌えるだけの曲wになると思ってたので
これにはびっくり!!!
すごいよほんと、MIKIKO先生の発想力・Perfumeの表現力は無限大。
会場がどよめくくらい、幻想的なステージでしたよ。

アルバムの中で一番化けたといっても過言ではないハズ。
最近のPerfumeには本来の持ち味だった無機質さが足りない気がしていたので
なんだか無性に嬉しくて、じっくり見入りながらも大興奮してしまった1曲でした。

8.微かなカオリ

この繋ぎ!時の針からの繋ぎ!ふぉおおおおおおお
オルゴールの上の人形に命が宿って、歌いだす的なアレですよ!!!
すんばらしい流れでした。ごちそうさまですぅ!!

9.スパイス

個人的にいっちばん楽しみにしてた曲!
凝った照明や演出一切なし。
スポットライトだけで照らされたステージ上でひたすら歌い踊る3人。

フルバージョンは言葉にならないくらい素晴らしかった・・・
あの次々畳み掛けるような振り付けは、少しでもズレたら台無しになってしまう難易度の高いもの。
それをあそこまで完璧に美しく表現できるなんて、鳥肌モノでした。
テレビサイズにしちゃうのはもったいなさすぎる。
ダンスのシンクロ率を余すことなく堪能できる素晴らしいステージでした。
お見事なり・・・!


次はライブ後半戦からスタートです!

Perfumeの掟を越える?!衝撃ショータイムや、ズコーーーーー必須のメドレータイムなどなど。
わくわーくするわーーーー!

まったりつづく。

読んでくださった方、ごめんなさい。実は続きを書くことを断念しました…
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

フォローする

     

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)