君の言葉が呑みたい

 

ヨルシカのアルバム「盗作」からの先行配信曲「思想犯」の歌詞にパンチをくらった。

 

人を呪うのが心地良い、だから詩を書いていた
朝の報道ニュースにいつか載ることが夢だった その為に包丁を研いでいる

「他人に優しいあんたにこの孤独がわかるものか
死にたくないが生きられない」

「君の言葉が呑みたい
入れ物もない両手で受けて」

 

なんて危うい。

ヨルシカの歌を聴くと、いつも自分のどす黒い部分を晒されているようで恐ろしい

後悔、妬み、孤独、破壊、負のエネルギーが濃縮されてしまったであろう

次のアルバム、とんでもないことになりそう…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)